宇宙留学 3学期へ

小学校の始業式が1月8日。

うちの娘は7日の飛行機で、種子島へ戻って行きました。

羽田空港では、茎南小学校の宇宙留学生が4人集まりました。他の学校の宇宙留学生も何人かはいたようです。

1月7日羽田出発  保安検査場特別通過証

早いもので、留学期間も残りは3ヶ月たらず。 みんな、くいを残さないよう、残りの3ヵ月、種子島での生活を充実させてほしいな。
ガンバレよ!!


見送りとしてセキュリティチェック(保安検査)を通り、搭乗口付近まで一緒に行けるのですね。 「国内線保安検査場特別通過証」というのをもらって、通常の搭乗の場合と同じように保安検査を受けて。写真右はその半券です。

前回(昨年8月)の見送りのとき、私は見送りの保護者が搭乗口付近まで行けることを知らずに、保安検査の入り口で娘と別れてしまった。(汗) あとで娘から聞いた話だと、他の留学生の親御さんは、なかまで入っていたのだと。



年末年始があっという間に過ぎてしまった。娘にとっては久しぶりにこちらの友達と遊んだり、弟とはふざけあったりと、楽しく過ごせたようでよかったです。

宿題については、なんにも言わなくとも自分で早めに済ませていましたよ。 ちょっと感心ですね。
ですが、持久走大会のための練習は、ほとんどできなかった。(本人苦手意識あり)
習字の宿題、こちらに置いてある道具ではなかなかうまく書けずに、てこずっていましたが、なんとか書けたようです。


里親さん宅で、うちの娘は赤米と安納芋を毎日食べていたらしい。 赤米は古代米で、茎永に「たねがしま赤米館」があるように種子島では宝満神社の神事に用いられているもの。 里親さん宅nのこだわりで電気ジャーでなくガスで炊いているそうで、気に入っているみたいでした。

こちらの写真は前に、里親さんからいただいた赤米。

いただいた赤米  赤米ごはん

神奈川のほうの家でも、週末には赤米を白米に混ぜていただいてます。


種子島での話をもっといっぱい聞きたいと思っていたのだが、あんまり聞けずじまいでした。

スポンサードリンク

月の土地・火星の土地

このブログ記事について

このページは、tadが2010年1月10日 08:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「宇宙留学 2学期終了で帰省」です。

次のブログ記事は「長男が屋久島へ向かう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。